ワキ脱毛 キャンペーン

ワキの脱毛は、エステが一番安い!

ワキ脱毛ポイント画像

ワキの脱毛は、いまやエステで行うべきです!
その理由は、学生の小遣いくらいの料金で完璧に仕上げることができるからです。

なんと2013年には、たったの600円
何回施術しても無制限なキャンペーンが登場しました。

ワキといえば業界でも格安なミュゼプラチナムだけでなく
TBCがプロデュースした脱毛専用サロン「エピレ」も参入してきました。

それを見越してかのように他サロンも次々とワキの格安キャンペーンを行っています。
まさに2013年はワキ脱毛戦国時代の到来です!

ミュゼプラチナム

ミュゼワキバナー

サロン名

ミュゼ

施術料金

1,800円

施術対象部位

ワキ

施術回数

無制限

保障期間

なし

店舗数

全国154店舗(2013年6月現在)


エピレ

エピレワキバナー

サロン名

エピレ

施術料金

600円

施術対象部位

ワキ

施術回数

無制限

保障期間

なし

店舗数

全国35店舗(2013年6月現在)


ジェイエステティック

Jエステティックワキバナー

サロン名

ジェイエステティック

施術料金

750円

施術対象部位

ワキ

施術回数

無制限

保障期間

なし

店舗数

全国104店舗(2013年6月現在)


Iラインは脱毛して良かったです


キャンペーン内容の特徴

ワキのキャンペーンの場合、その多くのが1000円前後の設定になっています。
そして、一番大きいのが施術できる回数です。

これまでは、回数があらかじめ決まっていたことが多かったのですが
2013年に各社が行ったキャンペーンでは無制限となっているところが多い!

今までだと、ミュゼだけしか、このような内容のキャンペーンを行っていませんでした。
エピレでも2012年でのキャンペーンでは、ワキの脱毛が最大でも6回くらいしか行えませんでした。

ところが、2013年はワキ専用のキャンペーンを始めています。
さらに有効期間がないことも大きな特徴です。

これならワキだけは、数百円程度で綺麗になります。

キャンペーンは期間に注意

ワキ脱毛ポイント画像

このように格安キャンペーンが次々と登場するのはいいのですが
気を付けたいのは、キャンペーンの期間なんです。

殆どのサロンが1年中同じキャンペーンを行っているわけではなく
多くの場合が1ヵ月で料金や内容が変更になるんです。

「先月まで600円だったのが、月が替わると2,000円になっていた・・・」
「先月申し込んだときは1,000円だったのに、今月だと600円まで下がっている・・・」

といったことが頻繁にあります。

いつ申し込むかは、まさに運次第のところはあります。

しかし、今までの傾向だと春先から夏まっさかりの7月くらいまで激安キャンペーンを行っています!

かといって冬にはキャンペーンがないのかと心配かもしれませんが
エステでは1年中行っていますので大丈夫です。

傾向として、内容と料金の条件が一番いいのが5月~7月だということです。

完了までの期間

ワキは施術する範囲が狭く、毛も太くしっかりしていることが多いので
エステなどの光脱毛では効果が現れやすい特徴があります。

 

ワキ完了期間画像

施術時間も1回が10分程度と短く、冷却や保湿を行っていも
トータルで20分もかかりません。

 

そのためベッドに寝てリラックスしようかと思うと
あっと言う間に終わってしまいます。

 

一般的にエステの脱毛は、クリニックのレーザー脱毛に比べ
多くの施術を必要とします。

 

しかし、ワキの場合は効果も高いので早い人だと
6回くらいの施術が終わったころには、ウブ毛程度しか残っていないという方もいます。

 

ウブ毛まで完全になくしたければ、10回程度の施術で大丈夫です。

 

そこまでに必要な期間は、およそ1年から2年かからないといったところです。

 

自宅で家庭用脱毛器を使って脱毛するよりも仕上がりも綺麗です。

 

通う目安は、2ヵ月に一回程度なので忙しい方でも無理なく通えるペースです。

 

全身脱毛の効果は医療機関の方が高いです

安すぎるサロンは不安?

これだけ安いと、逆に不安かもしれません。
でも、ここで挙げたサロンだったらその心配はいりません!!

地方に1店舗だけしかないサロンであれば
逆に不安になりますが、大手で財務状態がしっかりしているので何も問題もありません。

利益もちゃんと出していますし、何よりここ数年は業界全体の
売り上げが数パーセントペースで伸びていっているのです。

これらの恩恵を受けているのが、ここで挙げた大手サロンです。
その逆に地方の小さなサロンでは、大手サロンに客を取られている状況にあります。

大手サロンは、ここ数年驚くべきスピードで地方に進出しています。
店舗数も年々増えていっており、小さなサロンを倒産へと追い込んでいっています!
まさに、脱毛業界は戦国時代に突入しています。

これらの激安キャンペーンも、そうしたライバルたちを
倒すために打ち出していると言っても過言ではありません。

小さなサロンだけでなく、中堅クラスのサロンでさえ
経営が行き詰っている状況です。

2013年4月に名古屋に本社を置く
中堅脱毛サロン「Pure」が自己破産したことをご存知でしょうか?

このサロンは、日本エステティック業協会にも加盟していなかったことから
協会の救済システムがなく、4月現在で営業は完全に停止しているそうです。

こう言った状況は、これから数年続くことになるでしょう。
そして、最終的に生き残っていくのは大手脱毛サロンだけかもしれませんね!